シンプルにdiary

シンプルにdiary

コレガ製の無線LANルーターに任意のコードが実行できる脆弱性

コレガ製の無線LANルーターに外部から任意のコードが実行できる脆弱性があるという発表があったようです。

CG-WGR1200における複数の脆弱性について | コレガ
http://corega.jp/support/security/20180309_wgr1200.htm

脆弱性が確認できた製品は「CG-WGR1200」。

以下の脆弱性が確認できたとのこと。

  • バッファオーバーフロー
  • OSコマンドインジェクション
  • 認証不備

これにより、外部から任意の「コード」「OSコマンド」が実行可能とのことですが、当該製品はサポートサービス期間が終了しているとして、脆弱性の修正は行わないそうです。

コレガ製のルーターを使っている人は十分に気を付けてください。

Remove all ads

ホスティングサービス「@PAGE」サービス終了のお知らせ

アットフリークスのホスティングサービス「@PAGE」が2月末でサービス終了することになったそうです。

18/01/05 @PAGESサービス終了のお知らせ - @PAGESご利用ガイド - アットウィキ
https://www10.atwiki.jp/atpagesguide/pages/367.html

終了日時は2018年2月28日17:00。

他サービスへの引き継ぎや移行先案内は実施しないとのこと。

など、旧来型Webサービスが次々とサービス終了しているのは時代を感じますね。

小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心! 思いどおりのホームページを作ろう!

小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心! 思いどおりのホームページを作ろう!

Remove all ads

富士通製ノートパソコンに発火の危険性

富士通製ノートパソコンに発火の危険性があることが発覚し、回収に応じるという発表があったそうです。

ノートパソコン用バッテリパックの交換・回収について : 富士通
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2015/08/27-1.html

同社発表によると、パナソニックが製造するバッテリパックが原因とのこと。

発火の危険性があると発表された個人向けノートパソコンは以下の通り。

  • LIFEBOOK AHシリーズ
  • LIFEBOOK SHシリーズ
  • LIFEBOOK PHシリーズ

富士通製パソコンを使っている人は相談してみることをおすすめします。

プロフィール - Fujitsu Japan
http://www.fujitsu.com/jp/about/corporate/info/index.html

Remove all ads

パナソニック製のパソコンに発火の危険性

パナソニック製のノートパソコンに発火の危険性があることが発覚し、同社より回収に応じるという発表があったそうです。

ノートパソコン用バッテリーパック交換・回収の新たなお知らせ | パナソニック パソコンサポート
http://askpc.panasonic.co.jp/info/171206.html

同社発表によると、搭載するバッテリーパックが原因とのこと。

発火の危険性のある機種は以下の通り。

  • CF-SXシリーズ
  • CF-NXシリーズ
  • CF-S10シリーズ
  • CF-N10シリーズ

パナソニック製のパソコンを使っている人は相談してみることをおすすめします。

会社概要 - 企業情報 - Panasonic
https://www.panasonic.com/jp/corporate/profile/overview.html

Remove all ads

日本AMDアカウントセールス本部がAMD Ryzen Threadripper購入者にクオカードを送付するそうです

日本AMDアカウントセールス本部よりAMD Ryzen Threadripper購入者に対して、クオカードを送付すると発表があったそうです。

AMD Ryzen Threadripperご購入のお客様各位
Dropbox - Threadripperに関するお知らせ.pdf
https://www.dropbox.com/s/lykcof0d3q22za5/Threadripper%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B.pdf?dl=0

AMDJapan on Twitter: "AMD Ryzen Threadripperの件でユーザーの皆様に多大な迷惑と混乱を招きましたことを改めてお詫びいたします。 今後のサポートについて、下記リンクにてご案内いたします。 https://t.co/Ig0tY8QKJ8 今後ともAMD製品をよろしくお願いいたします。"
https://twitter.com/JapanAmd/status/905641922298912770

対象は2017年8月30日までにAMD Ryzen Threadripper 1950X及び1920Xを旧価格付近の価格での購入した人。

送付するクオカード種類は以下の通り。

  • 1950X 1個に対して、クオカード18,000円分
  • 1920X 1個に対して、クオカード13,000円分

日本AMDアカウントセールス本部から発表された"旧価格"は以下の通り。

  • AMD Ryzen Threadripper 1950X (OPN:YD195XA8AEWOF)
    参考価格 145,800円(税抜)
  • AMD Ryzen Threadripper 1920X (OPN:YD192XA8AEWOF)
    参考価格 115,800円(税抜)

手続きについては、住所・氏名等の個人情報及び購入証明をAMD事務局のメールアドレスに送信するよう指示しているようです。

※詳細については日本AMDの発表をご確認ください。

Twitterのアカウントが未認証であることや、指示されたメールアドレスがtanoeru.co.jpのドメインとなっている点等について一部で不安視する声もあります。手続きを考えている場合は十分にご注意ください。

念のため、関連するニュースサイトへのリンクを記録しておきます。

AMD Threadripper 1950X YD195XA8AEWOF

AMD Threadripper 1950X YD195XA8AEWOF

Remove all ads

LGが自社の一部モニターについてフリッカーセーフ未搭載であると公表

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社が自社モニター製品のカタログやプレスリリースに誤りがあったとして、その内容を訂正すると発表したそうです。

LG お知らせ | LG Japan
【43UD79-B】に関する記載事項の訂正とお詫び
http://www.lg.com/jp/support/additional-support/announcements-detail/JPNTC170731122360

カタログ、ホームページ(http://www.lg.com/jp/monitor/lg-43UD79-B)及びプレスリリース(http://www.lg.com/jp/press-releases/20170426-full-hd-ips-4k-monitor-43ud79-b)にて、"「フリッカーセーフ」を搭載"と表記していたにもかかわらず、実際には"「フリッカーセーフ」は搭載していないモデル"があったとのこと。

今回の訂正の対象となる製品は43UD79-B。

同製品の購入者についてはカスタマーセンターによる個別対応が行われるという一部報道もありますので、購入してしまった人は一度LGに問い合わせてみることをおすすめします。

LG お電話でのお問い合わせ | LG Japan
http://www.lg.com/jp/support/contact/telephone

Remove all ads

ディレクトリ型検索「Yahoo!カテゴリ」サービス終了のお知らせ

Yahoo!JAPANが運営するディレクトリ型検索「Yahoo!カテゴリ」が2018年3月でサービス終了することになったそうです。

お知らせ - Yahoo!カテゴリ
https://dir.yahoo.co.jp/info

ウェブ環境の変化により"ディレクトリ型検索"が一定の役割を終えたためサービス終了するとのこと。
Yahoo!カテゴリの有料審査サービス「Yahoo!ビジネスエクスプレス」についても2017年中に販売終了するもよう。

Yahoo!ビジネスエクスプレスの料金設定

パソコンサイトスマートフォン対応サイト
審査料54,000円〜54,000円〜
注目サイト審査43,200円-

※審査の結果、登録不可となった場合は初回審査後30日間のみ無料で再審査可能
※注目サイトは"注目サイト"として1年間ビップアップ掲載するための審査サービス
※2017年6月時点

Remove all ads