Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

シンプルにdiary

シンプルにdiary

Windows Updateの配信の最適化

Windows 通信 Microsoft

先月末にWindows 10がリリースされ、DSP版の販売も始まりましたが、このWindowsに搭載されている「配信の最適化」という機能について、デフォルトで有効化されていることに非難の声が高まっているようです。

Windows Update の配信の最適化に関する FAQ - Windows ヘルプ
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-10/windows-update-delivery-optimization-faq

配信の最適化

配信の最適化とは、簡単に言うと「WIndowsの更新プログラム等をダウンロードするときに、Microsoftのサーバー以外に個人のPCからもダウンロードする機能」なようです。この表現で勘付く人もいると思いますが、当然「自分のPCから他人のPCにファイルをアップロードする機能」も動くようになります。

回線のタダ乗り

この機能、よく考えるとユーザーにとっての”回線の最適化”ではなく、Microsofにとっての”回線の最適化”という気がしてきます。Microsoftのサーバーのトラフィックを削減する手段として、勝手に個人のインターネット回線を利用しているのではないか、ということです。これが非難の声が広がっている理由なようです。

配信の最適化を無効化する手順

Microsoftに協力したい人は別ですが、そうでない人は配信の最適化を無効化したいと思う人もいると思います。

設定方法を以下のようにします。

  1. スタート画面から「設定」に移動
  2. 順に「更新とセキュリティ」»「Windows Update」»「詳細オプション」を選択
  3. 「更新プログラムのダウンロード方法を選択する」を選択して、トグルボタンで無効に設定

ちなみに、この設定が分かり難いというのも問題点の一つとなっているようです。(実際、この設定画面を見てもファイルのアップロードが行われることに気がつかない人も多いと思います。)

(無料電話サポート付) できる Windows 10 (できるシリーズ)

(無料電話サポート付) できる Windows 10 (できるシリーズ)

Remove all ads